バックナンバー

仕事の深い情報

  • トップ /
  • 妊娠したら仕事はどうする?

出来る限り仕事は続けよう

妊娠したら仕事はどうする?

女性の仕事に影響する妊娠

妊娠を機に仕事をやめて、出産後は転職して子育てしながら新しい職に就きたいと考えている女性も多いのではないでしょうか。しかし、それはあまり良い考えではないかもしれません。というのも、今の日本は働くお母さんにとっては厳しい環境にあるからです。待機児童問題がクロースアップされていることからも明らかなように、子どもを預けたくても受け入れてくれる器が小さすぎます。この状況は転職にも不利に働きます。ですから、妊娠・出産後も働く意思があるなら仕事をやめない方が賢い選択です。在籍していれば育児休暇がもらえ、育児休業給付金や出産育児一時金、出産手当金などももらえます。また、社会保険料も免除されます。退職してしまえばこれらのサポートを受けることができません。もしも妊娠前から転職を考えていたなら、出産後、仕事に復帰した後にあらためて考えたほうが良いでしょう。あるいは避妊してタイミングをコントロールし、新しい職場で周囲の信頼を得た後に妊活するのも良いでしょう。その場合は、育児しながら働くことに理解がある企業かどうかなど情報収集して、子育てママにやさしい職場を選ぶことも大切です。情報量の多い転職エージェントを活用するのも良い方法です。

↑PAGE TOP